【特車登録センターからのお知らせ】

〇令和4年8月9日(火)特殊車両通行確認システムのプログラム照査完了について

・特殊車両の道路の通行に関して、通行可能経路を指定するシステムの運用を本年4月1日から開始していますが、このシステムにエラーが生じたことを受け、再発防止に向けたプログラムの照査を進めてまいりました。この度、その結果をとりまとめるとともに、必要な改修を行いましたので、公表いたします。

 

・システムの不具合による誤った回答書の発行やシステム改修に伴う停止により、特殊車両を通行させる申請者の方々をはじめ、関係者にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

 

・今後予期せぬ不具合が発見される場合に備え、今年度末までの期間を集中改善期間と位置づけ、システムの運用を行いながら、不具合が発見された場合には必要な改修を進めてまいります。なお、システム改修の状況等については、特車PRサイト等※において、利用者の皆様に随時お知らせいたします。
※特車PRサイト:https://www.tokusya.ktr.mlit.go.jp/PR/

 

・詳細はこちらをご覧ください。

 

〇令和4年7月29日(金) 特殊車両通行確認システムの復旧について 

 ・7月20日(水)にお知らせした特例8車種の高さ制限につきましては、本日プログラムを
  改修いたしました。
 ・高さ3.8m超~4.1m以下の特例8車種(セミトレーラ又はフルトレーラ)につきましては、
  高さ指定道路を通行可能経路とすることが可能となりましたのでお知らせいたします。

 

〇令和4年7月20日(水) 特殊車両通行確認システムの復旧について

・本年4月から運用を開始している特殊車両通行確認システムにおいて、プログラムの照査を進める中で、

 システム不具合が判明したため7月9日(土)にシステムを停止いたしました。

・不具合の原因を調べ、システムを改修いたしましたので、復旧いたしました。

・ただし、特例8車種(セミトレーラ又はフルトレーラ)については、高さ指定道路の高さの許可の上限値を

 高さ3.8mに設定(本来は高さ4.1m)しております。

・大変恐縮ですが、高さ3.8m超~4.1m以下の特例8車種(セミトレーラ又はフルトレーラ)であって、

 高さ指定道路を通行される場合は、当面の間、特殊車両通行許可システムをご利用頂きますようお願い致します。

・特例8車種(セミトレーラ又はフルトレーラ)の高さ指定道路の高さの許可の上限値を本来の高さ4.1mに設定する改修は7月末を予定しておりますが、改修が完了しましたら、お知らせいたします。

・また、一部の回答書発行前の経路探索結果は、誤った回答書の発行を防ぐため、

 経路探索前の状態に戻しておりますので、再度経路探索を実施して頂くようお願いします。

・引き続き、確認システムのプログラムの照査を進めてまいります。

・システムをご利用いただいている皆様にご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。

 

○令和4年6月10日(金) 特殊車両通行確認システム利用時における、一部車両の登録方法の変更について

現在、特殊車両通行確認システムにおいて、車軸自動昇降装置があるトレーラ
(リフトアクスル トレーラ)や第五輪荷重(トラクタとトレーラをつなぐ連結器
にかかる重量の上限値)が「前前軸重」として車検証に記載されているトレーラ
の2種類の車両につきましては、貨物積載時の軸数で車両登録ができないことから、
登録方法の変更についてお知らせします。詳細はこちらをご覧ください。

特殊車両通行確認システムの利用者の利便性の改善に向けて、貨物積載時の軸数で
車両登録ができるようシステム改修を行う予定でございます。
システムの改修が完了次第、改めてお知らせいたします。

 

○令和4年5月9日(月)
本日、特殊車両通行確認システムの特車通行確認制度(新制度)システム操作マニュアル(全体版)の最新版を公開しました。
本ホームページの「特殊車両通行確認制度オンライン申請」の「特車通行確認システムの操作について」で公開しています。
※9日午前中に更新したマニュアルの一部に不備がありましたので、改めて修正版を公開しました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

○令和4年4月8日(金)

新しい『特殊車両通行確認制度』について、こちらで紹介されています。

 

○令和4年4月1日(金)

特殊車両通行確認制度の運用が開始されました。

1.運用開始日時

  令和4年4月1日(金)9時から

2.特殊車両の通行確認システムへの入り方

  当ホームページの利用規約をご一読のうえ、右の「ログインする」からお入りください。

 システムへアクセスする場合、WEBブラウザはMicrosoft  Edgeをお使いください。

3.その他

  詳細に関しては、国土交通省のホームページでご確認ください。

 

○令和4年3月18日(金)
本日、特殊車両通行確認システムの操作マニュアル(経路検索詳細版)の最新版を公開しました。
本ホームページの「特殊車両通行確認制度オンライン申請」の「特車通行確認システムの操作について」で公開しています。

 

令和 4年 1月28日(金)
特車通行確認システムの操作動画を公開しました。

 

「障害・メンテナンス情報」、「重要なお知らせ」、「お知らせ」の内容には、【新制度】以外の情報も含まれています。

【特車登録センターからのお知らせ】

〇令和4年8月9日(火)特殊車両通行確認システムのプログラム照査完了について

・特殊車両の道路の通行に関して、通行可能経路を指定するシステムの運用を本年4月1日から開始していますが、このシステムにエラーが生じたことを受け、再発防止に向けたプログラムの照査を進めてまいりました。この度、その結果をとりまとめるとともに、必要な改修を行いましたので、公表いたします。

 

・システムの不具合による誤った回答書の発行やシステム改修に伴う停止により、特殊車両を通行させる申請者の方々をはじめ、関係者にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

 

・今後予期せぬ不具合が発見される場合に備え、今年度末までの期間を集中改善期間と位置づけ、システムの運用を行いながら、不具合が発見された場合には必要な改修を進めてまいります。なお、システム改修の状況等については、特車PRサイト等※において、利用者の皆様に随時お知らせいたします。
※特車PRサイト:https://www.tokusya.ktr.mlit.go.jp/PR/

 

・詳細はこちらをご覧ください。

 

〇令和4年7月29日(金) 特殊車両通行確認システムの復旧について 

 ・7月20日(水)にお知らせした特例8車種の高さ制限につきましては、本日プログラムを
  改修いたしました。
 ・高さ3.8m超~4.1m以下の特例8車種(セミトレーラ又はフルトレーラ)につきましては、
  高さ指定道路を通行可能経路とすることが可能となりましたのでお知らせいたします。

 

〇令和4年7月20日(水) 特殊車両通行確認システムの復旧について

・本年4月から運用を開始している特殊車両通行確認システムにおいて、プログラムの照査を進める中で、

 システム不具合が判明したため7月9日(土)にシステムを停止いたしました。

・不具合の原因を調べ、システムを改修いたしましたので、復旧いたしました。

・ただし、特例8車種(セミトレーラ又はフルトレーラ)については、高さ指定道路の高さの許可の上限値を

 高さ3.8mに設定(本来は高さ4.1m)しております。

・大変恐縮ですが、高さ3.8m超~4.1m以下の特例8車種(セミトレーラ又はフルトレーラ)であって、

 高さ指定道路を通行される場合は、当面の間、特殊車両通行許可システムをご利用頂きますようお願い致します。

・特例8車種(セミトレーラ又はフルトレーラ)の高さ指定道路の高さの許可の上限値を本来の高さ4.1mに設定する改修は7月末を予定しておりますが、改修が完了しましたら、お知らせいたします。

・また、一部の回答書発行前の経路探索結果は、誤った回答書の発行を防ぐため、

 経路探索前の状態に戻しておりますので、再度経路探索を実施して頂くようお願いします。

・引き続き、確認システムのプログラムの照査を進めてまいります。

・システムをご利用いただいている皆様にご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。

 

○令和4年6月10日(金) 特殊車両通行確認システム利用時における、一部車両の登録方法の変更について

現在、特殊車両通行確認システムにおいて、車軸自動昇降装置があるトレーラ
(リフトアクスル トレーラ)や第五輪荷重(トラクタとトレーラをつなぐ連結器
にかかる重量の上限値)が「前前軸重」として車検証に記載されているトレーラ
の2種類の車両につきましては、貨物積載時の軸数で車両登録ができないことから、
登録方法の変更についてお知らせします。詳細はこちらをご覧ください。

特殊車両通行確認システムの利用者の利便性の改善に向けて、貨物積載時の軸数で
車両登録ができるようシステム改修を行う予定でございます。
システムの改修が完了次第、改めてお知らせいたします。

 

○令和4年5月9日(月)
本日、特殊車両通行確認システムの特車通行確認制度(新制度)システム操作マニュアル(全体版)の最新版を公開しました。
本ホームページの「特殊車両通行確認制度オンライン申請」の「特車通行確認システムの操作について」で公開しています。
※9日午前中に更新したマニュアルの一部に不備がありましたので、改めて修正版を公開しました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

○令和4年4月8日(金)

新しい『特殊車両通行確認制度』について、こちらで紹介されています。

 

○令和4年4月1日(金)

特殊車両通行確認制度の運用が開始されました。

1.運用開始日時

  令和4年4月1日(金)9時から

2.特殊車両の通行確認システムへの入り方

  当ホームページの利用規約をご一読のうえ、右の「ログインする」からお入りください。

 システムへアクセスする場合、WEBブラウザはMicrosoft  Edgeをお使いください。

3.その他

  詳細に関しては、国土交通省のホームページでご確認ください。

 

○令和4年3月18日(金)
本日、特殊車両通行確認システムの操作マニュアル(経路検索詳細版)の最新版を公開しました。
本ホームページの「特殊車両通行確認制度オンライン申請」の「特車通行確認システムの操作について」で公開しています。

 

令和 4年 1月28日(金)
特車通行確認システムの操作動画を公開しました。

 

障害・メンテナンス情報

情報はありません

重要な
お知らせ

情報はありません

お知らせ

  •  2022年6月1日 

    令和 4年6月1日(水)

    特車登録センターホームページの下記コンテンツを追加・更新しました。
    ■特殊車両通行確認制度オンライン申請
     〇オンライン申請の準備(更新)
     〇特殊車両の通行時に登録するASL-IDについて(追加)
     〇オンライン支払方法(更新)
     〇代理申請の方法(更新)
     〇書面申請の方法(更新)
    ■走行前に確認してください
     〇指定道路について(更新)
     〇重量情報の記録・保存について(更新)
     〇ETC2.0特定プローブデータのご活用について(追加)
    ■よくある質問と回答(FAQ)
     〇制度全般(追加)
     〇オンライン申請の準備(更新)
     〇ユーザー登録(更新)
     〇オンライン手続き(更新)
     〇車両の登録(更新)
     〇経路の確認(更新)
     〇手数料の支払い(更新)
     〇車両の通行(更新)
    ■お問い合わせ先はこちら
     〇問合せ窓口(更新)

     

情報はありません